服装

気になる脱毛サロンを探して予約をし、ようやく施術を始めることができると思った際、そういえば服装などに規定はあるのかと疑問に思うことがあるのではないかと思います。
どんな服を着ていけばよいのか、避けるべき服装はあるのかと悩んでしまうこともあるでしょう。

まず脱毛サロンに行くにあたって指定された服装などは存在していません。基本的には自由な服装でサロンまで向かって問題ないでしょう。

しかし基本的にはないというだけであり、できればこのような服を選んだほうが良いといったポイントはたくさん存在しています。

例えば脱ぎ着がしやすいものかどうかといった点を見てみましょう。
脱毛する箇所にもよりますが、全身脱毛などの場合サロン側で用意されたガウンやラップタオルなどに着替えることになります。

そのとき着替えに手間取って時間がかかってしまうと自分はもちろん、後に施術を受ける人に迷惑がかかってしまう場合もあるため、さっと脱ぎ着しやすい服装を心がけるのがおすすめなのです。

洋服の素材やフィット感に気をつけることも重要です。脱毛をした後の肌というのはやけどをしているような状態でもあるため、非常にデリケートです。

そこにチクチクするなど肌へのダメージが気になる素材のものを着てしまうとそれだけで刺激になり、肌が荒れてしまうリスクが高まるのです。

また、タイツなど締め付けの強いものというのも肌への刺激になりやすいので控え、ゆったりした服装を心がけるとよいでしょう。

ちなみに冬場に活躍するような吸湿発熱作用のある素材の肌着も、肌の乾燥を招きやすいので注意が必要です。

脱ぎ着しやすくてゆったりしているものということで、つい薄着を選択してしまいがちになるかもしれません。

しかし薄着をすると冬場は寒くて風邪を引いてしまうかもしれなかったり、日焼けのリスクが高まって場合によっては施術を受けることができなくなってしまうことがあるので控えるようにしましょう。

施術後のデリケートな肌には紫外線が刺激となってしまうため、帰り道は更に注意が必要です。

特に夏場はシャツ一枚など薄着になりがちなため、サマーニットカーディガンなどを羽織ったりとなるべく肌を日に当てないことが大切です。

脱毛する部位によって服装を選択するのも有効です。例えば腕などに施術をする場合、キャミソールやノースリーブなど腕が露出するものであれば着替えは不要であるサロンもあります。

キャミソールの上にトップスを重ね着したり、上着を羽織るなどしておくとスムーズに着替えることができるでしょう。

下半身の脱毛もボトムスを脱ぐだけでよい場合もあるため、ゆったりしたものを着用しておくと安心です。

しかしゆったりしているからという理由でワンピースを選ぶのはおすすめできません。

ワンピースは上下繋がっているため、もし上半身のみ脱がなければならないという際にも全て脱がなければならず、下着一枚で施術を受けなければならなくなってしまう恐れがあるのです。

ワンピースは避け、上下分かれている服を着用するようにしましょう。

アクセサリーを付けるのが好きという方もいらっしゃるかもしれませんが、脱毛サロンに向かう際にはできるだけ外しておくのが無難です。

アクセサリーを外すには意外と時間がかかりますし、ピアスなど小さなものの場合なくしてしまうリスクもあります。

どうしてもアクセサリーを付けたいのであれば、サロンに向かう際にはアクセサリーを外しておき、施術が終わったらつけるなど工夫をするとよいでしょう。

施術時の服装は脱毛サロンによっても異なる部分が大きいため、事前にどのような方針なのか確認しておくと安心です。

スムーズかつ安心して施術を受けられるよう服装にも気をつけて、気持ちよく脱毛サロンを終えたいものですね。